スマホページへ戻る

あなたのお仕事応援します。派遣エントリー&お仕事サポートサイト

ユニー・ファミリーマートホールディングス

マイサポート

  1. トップページ>
  2. 教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

  • 様々な職種を知ろう!
  • 主婦のお仕事イロハ

主婦が派遣社員として働くメリット、デメリット

これまで専業主婦をしていた人が働こうと思ったとき、子育てや家庭と仕事のバランスを考慮すると、正社員では荷が重すぎると考えている人も多いのではないでしょうか。
その場合、次の選択肢として考えられるのが「派遣社員」です。では、主婦の人にとって派遣社員として働くことは、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。ここで詳しく解説していきます。

主婦が派遣社員として働くメリット

主婦の方が派遣社員として働くメリットは以下の通りです。

主婦の方が派遣社員として働くメリットは以下の通りです。

派遣社員より働く時間の融通がきく

派遣社員の最大のメリットは、ライフスタイルに合わせた働き方を選べるということです。派遣登録をする際に、勤務時間や勤務地などの希望を伝えることが可能で、午前中だけ、もしくは週4日のみなど、企業との条件がマッチすれば大変働きやすい環境となるでしょう。さらに、残業時間についてもあらかじめ希望を伝えておくことができるので、子どもを保育園に預けて働きに出る場合などは、急な残業に慌てる心配もありません。

正社員を目指すよりも就職しやすい

近年は企業側も人件費のコストカットから正社員よりも派遣社員を好む傾向にあります。特に出産・育児などで社会人としてのブランクがある主婦の人などは、正社員として就職先を見つけるのはなかなか厳しいのが現状です。まずは、求人が多く比較的就職しやすい派遣社員として就職し、働く感覚をつかみながらキャリアを積んで行くという方法も選択肢のひとつとして考えてみてはどうでしょうか。

正社員よりも比較的簡単に辞められる

派遣社員の場合はあらかじめ契約期間が決められています。そのため、一旦就職してみたものの、想像していた環境とは違ったり、仕事に対して何らかの不満があったりして辞めたいと思ったら、契約を更新しなければ良いのです。その場合は契約満了の扱いになるため、次の就職で不利になることもありません。

主婦が派遣社員として働くデメリット

一方で、主婦が派遣社員として働くデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

急な休みはもらいにくい

派遣社員は勤務時間や曜日といった希望をあらかじめ提示し、その上で採用されています。
例えば、月・水・金曜日の8時半〜17時を勤務時間として契約していた場合、企業側はその曜日や時間は労働力として期待しているわけです。そのため、急用や体調不良などで突然休みを取られてしまうと、代替要員が必要になることも。子育てをしながら働いている場合、子どもの体調不良などでやむを得ず仕事を休まざるを得ないこともあるでしょう。
しかし、派遣社員の場合には、そのような突然の休みが続くことで、契約を更新してもらえないこともあるので注意が必要です。

収入が安定しない

働き方を自由に選べる派遣社員ですが、やはり収入面での不安定さは避けることができません。正社員が受け取れるボーナスは派遣社員にはありませんし、会社の制度なども利用することができません。
また、時給計算が基本の派遣社員は、年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みといった長期休暇が多い月は、収入が激減してしまうこともあるのです。

主婦の人が契約社員として仕事をする場合には、上記のようにメリットもありますがデメリットもあります。まずは状況をしっかりと把握して、今の自分に合う仕事のスタイルを見つけていきましょう。

ページトップへ