スマホページへ戻る

あなたのお仕事応援します。派遣エントリー&お仕事サポートサイト

ユニー・ファミリーマートホールディングス

マイサポート

  1. トップページ>
  2. 教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

  • 様々な職種を知ろう!
  • 主婦のお仕事イロハ

派遣と紹介予定派遣の違いってなに?

「派遣」には、大きくわけて「一般派遣」と「紹介予定派遣」の2つの種類があるのをご存知でしょうか。
どちらも派遣会社に登録をして仕事を紹介してもらうという点では同じですが、働き方の仕組みは大きく異なります。では、一般派遣と紹介予定派遣にはどのような違いがあるのでしょうか。詳しく解説していきます。

一般派遣と紹介予定派遣の違い

一般派遣と紹介予定派遣にはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれ詳しく見ていきましょう。

一般派遣と紹介予定派遣の違い

一般派遣

派遣会社に登録後、仕事を紹介してもらう「登録型派遣」のことで、派遣とよばれる就業形態の多くは、この一般派遣のことを指しています。
あらかじめ派遣期間が決められていて、その期間のみ派遣会社と雇用契約を結ぶ働き方で、雇い主である会社(派遣元)と、実際に職場となる会社(派遣先)が異なるのが特徴です。

紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、一定の期間派遣社員として派遣先で働いた後は、その派遣先に直接雇用されるのが前提ですので、一般派遣とは働き方の仕組みが大きく異なることが分かります。
ただし、あくまでも「予定」ですので直接雇用を辞退することは可能ですし、反対に、企業側から直接雇用の見送りが伝えられるというケースもあるので注意が必要です。

一般派遣で働くメリット、デメリット

一般派遣として仕事をするメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれ具体的に見てみましょう。

メリット

・ライフスタイルに合った仕事が選べる
派遣会社に登録する際、働く時間、曜日、勤務地、残業の有無など、さまざまな条件を伝え、その条件に極力近い仕事を紹介してもらうことができます。

・アルバイトやパートよりも時給が高い
派遣はパートやアルバイトと比べると給料が高くなる傾向にあります。
もちろん、残業時にはしっかりと残業代が支払われますので、場合によっては正社員よりも月収が高くなるケースも。

・いろいろな仕事を経験できる
契約期間を満了すれば、例えそれが3カ月の短期であっても、履歴書場では「契約満了」の扱いになります。未経験で始めた仕事で経験を積み、次の仕事ではキャリアアップをすることも可能です。

デメリット

・収入が安定しない
派遣はほとんどが時給制です。パートやアルバイトと比べると時給は高くなりますが、大型連休がある月は、月収が大幅ダウンするなど、収入が不安定というデメリットがあります。

・雇用が不安定
派遣の場合、仕事を続けたいと思っても、派遣先が契約更新を認めなければ続けることはできません。
契約終了後に次の仕事がすぐ決まるという確約もないため、常に雇用に対する不安を感じている人もいるようです。

紹介予定派遣で働くメリット、デメリット

紹介予定派遣として働く場合、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

メリット

・働きながら自分にあった職場かを見極められる
紹介予定派遣は、まず派遣社員として一定期間仕事をした後、派遣先と直接雇用を結びます。
そのため、派遣社員として実際に働きながら、仕事の内容や同僚、上司、職場の雰囲気などが自分に合うかどうかを見極めることが可能です。

・なかなか求人募集がないような企業に就職できる
紹介予定派遣の派遣先には、一流企業と言われる会社も少なくありません。
新卒採用や中途採用が難しいような会社でも、まずは派遣社員としてスタートする紹介予定派遣なら、就職の可能性が高くなるケースもあります。

デメリット

・派遣中の働きによっては不採用となることも
紹介予定派遣の場合は、事前に採用面接を行うことが認められていて、面接の結果によっては不採用となる可能性も少なくありません。

・直接雇用にならなかった場合は同じ職場にいられない
一定の派遣期間を経たものの、直接雇用を認めてもらえなかった場合、同じ職場で働き続けることは原則できません。
正社員として働くチャンスと、派遣社員としてでも働くチャンスの両方を失うというデメリットがあります。

近ごろは、大企業でも紹介予定派遣の募集を行っているとこともたくさんあります。上記の内容を参考に、それぞれの違いを正しく理解した上で、自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ