スマホページへ戻る

あなたのお仕事応援します。派遣エントリー&お仕事サポートサイト

ユニー・ファミリーマートホールディングス

マイサポート

  1. トップページ>
  2. 教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

  • 様々な職種を知ろう!
  • 主婦のお仕事イロハ

育児と仕事の両立をさせるのに覚えておきたいこと

育児と仕事の両立は、簡単にできることではありません。
でも多くの人が育児と仕事を両立させているのですから、決してできないことでもありません。
では、どうしたら子どもを育てながら働くことができるのでしょうか?
今回は育児と仕事を両立させるための基礎知識やポイントをご紹介します。

育児と仕事の両立、あなたの望む働き方は?

働き方にはいくつかのタイプがあります。

  • 正社員としてフルタイム勤務
  • 正社員として時短勤務
  • パートとして勤務

家族構成、子どもの健康状態(アレルギーの有無など)、自分のキャリアプランなどを考慮し、上記のどのタイプで働くことが最適か考えましょう。

その際、保育園やつなぎ保育園といった子どもを預けられる場所を確保できるかどうか、ベビーシッターや祖父母など、緊急時に子どもを預けられる人を確保できるかどうかも考慮する必要があります。

育児と仕事の両立、あなたの望む働き方は?

育児と仕事を両立させるためのポイント

育児と仕事を両立させるためのポイントを下記でお伝えします。

なにを優先すべきかを考える

家事と仕事、すべてを同時に進めることはできません。優先順位をつけましょう。
仕事が優先なら育児サポートに関する対応策、育児が優先なら職場での対応策を考えましょう。
このとき大事なのは「したい」ことを優先して考えないことです。「やるべきこと」を優先して考えましょう。

家事はまとめて休みの日にやる

なにごともしっかり、きっちりしたい几帳面な性格の人ほど、育児と仕事の両立にストレスを抱えてしまいがちです。
子どもは大人の思うようにはならない存在ですから、育児期間は家事も仕事もひとりだった頃と同じレベルを目指さないのがポイントです。
日々の家事はほどほどにして休みの日にまとめて行うなど、「効率のよい手抜き」をしましょう。

職場に家庭の状況をきちんと説明して理解をしてもらう

育児期間はどうしても職場に負担をかけてしまいます。
職場環境を悪くしないように、事前に状況を説明して協力してもらいましょう。都合がつくときは進んで仕事を引き受けて、もしものときに仕事をお願いしやすい環境づくりをしておくのがおすすめです。
急な早退をしたら負担をかけた方へお礼をするなど、感謝の気持ちを伝えることも大切です。

家族、ママ友など、協力してくれる人を増やす

子どもをひとりで育てないことも育児と仕事を両立する大きなポイントです。
仕事を持って育児をする人は、協力者を増やしましょう。パートナーはもちろん、祖父母や親族の協力は大きいので、事前にサポートをお願いするのがおすすめです。
同年齢の子どもを持つママ友だちと「困ったときはお互いさま」というような関係になれるとよいでしょう。

育児と仕事を両立させるなら協力者の存在は欠かせません。
家族や周囲へ積極的に相談して、協力者を増やしましょう。頼るべきは頼ってきちんと感謝することは、子育てに欠かせないスキルです。

ページトップへ