スマホページへ戻る

あなたのお仕事応援します。派遣エントリー&お仕事サポートサイト

ユニー・ファミリーマートホールディングス

マイサポート

  1. トップページ>
  2. 教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

  • 様々な職種を知ろう!
  • 主婦のお仕事イロハ

出産後の仕事復帰はいつから検討すべき?

これから子どもを産もうというワーキングプレママにとって、産前産後の休業と仕事復帰のタイミングをどうすればよいかは迷うところでしょう。
産休期間はどれくらい?育休期間が長いと職場に居場所がなくなる?といった疑問や不安もあるでしょう。
そこで今回は休暇期間に関する基礎知識や仕事復帰をスムーズにするコツなどをお伝えします。

産前休暇、産後休暇とは?

産休は正式には「産前休暇、産後休暇」という労働基準法で定められた2つの休暇があります。

産前休暇

出産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間)から取ることができます。
妊婦が請求して取る休暇で、必ず取らなければならないというわけではありません。

産後休暇

産後休暇は申請なしの「強制休暇」で、出産後8週間与えられなければなりません。
本人が希望して申請し、かつ医師の許可がある場合は、産後6週間から働くことができます。

育児休業とは?

育児休業(通称:育休)は、産後休暇8週間以降、子どもが1歳になる前日まで、「子どもを養育する労働者」が、男女を問わず取得できます。

育児休業は育児介護休業法(1991年制定)に基づく休業で、会社が独自で定めた「育児休暇」がこれより長い場合もあります。
社内規定で「育児休暇」がない、もしくは育児介護休業法が定めた期間より短いという場合は、申請すれば法によって定められた育児休業を取ることできます。

また、育児休業は、保育園に入れないなど特別な理由があれば、1年半まで伸ばすことができます。

育児休業とは?

スムーズに仕事復帰するために準備すべきこと

母子の体調や、仕事の種類、キャリアプランなどを考えて、最適の復帰時期を決めましょう。その前にやるべきことは以下の通りです。

子どもの預け先の確保(保育園、実家など)

保育園など育児施設に関する情報は、できるだけ早めに集め始めるのがポイントです。
出産後は予測できない事態が起きることもあるからです。

働く時間を職場に相談

育児介護休業法では、満3歳までの子どもを育てる男女には時短勤務を認めることとしています。
その場合の就業時間は原則6時間です。ただ職場の事情もありますので、働く時間に関しては職場と相談して決めるようにしましょう。

職場への挨拶

産休や育休、時短勤務は、労働者に認められた権利ですが、仕事を休む者が出れば誰かが必ずフォローしなければなりません。

育児と仕事の両立には、同僚の協力が欠かせないですから、挨拶をしたり、感謝の気持ちを伝えたりするなどして、コミュニケーションをしっかりととっておきましょう。

(ブランクが長ければ)復帰前に職場の情報収集を実施

仕事復帰をするということは、会社の戦力になるということ。
育休や時短勤務で会社に負担をかけるのですから、復帰までにできることはしておきましょう。
ブランク期間が長ければ、会社の同僚に協力してもらい、システムの変更や得意先情報など仕事上の情報を復帰前に教えてもらい、復帰の際、スムーズに仕事ができるようにしておきましょう。

上記を参考にしっかりと準備を整えて、ベストなタイミングでスムーズに仕事復帰しましょう。

ページトップへ