スマホページへ戻る

あなたのお仕事応援します。派遣エントリー&お仕事サポートサイト

ユニー・ファミリーマートホールディングス

マイサポート

  1. トップページ>
  2. 教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

  • 様々な職種を知ろう!
  • 主婦のお仕事イロハ

主婦が正社員として働くメリット、デメリット

専業主婦の人が正社員として働き始めると、これまでの生活が大きく変わってきます。子育て中の人は子どもを保育園に入れたり、学童保育へ入れたりする必要があるでしょうし、家事との両立にも工夫が必要になるでしょう。まずは、正社員として働くことのメリットやデメリットについて、しっかりと理解することから始めましょう。

主婦が正社員として働くメリット

主婦が正社員として働くメリットは次の通りです。

主婦が正社員として働くメリットは次の通りです。

派遣社員よりも収入が増える

ほとんどの派遣社員は日給や時給で仕事をしているため、長い祝日などがある場合は当然給料は発生しません。また、ボーナスや住宅手当、営業手当など、さまざまな手当ても、派遣社員だと付かないことが多いため、正社員の方が収入は多くなるようです。

退職時に退職金がもらえる可能性も

退職時に退職金がもらえるというのも正社員として働くメリットのひとつです。一般的に長く働けば働いた分だけもらえる金額は増えていきます。

雇用が安定している

派遣社員や契約社員などの場合、会社の売り上げや組織変更などの影響で契約が更新されない不安がありますが、正社員の場合はそのリスクは減ると言えるでしょう。

頑張った分だけ評価される

正社員であれば、営業で優秀な成績を残したり、反響のある成果物を作成したり、若いスタッフを教育したりするなど、会社に何かしらの利益を残すことができれば、肩書がつく、給料が上がるなどの正当な評価をしてもらうことができます。このようなシステムは、自分のモチベーションへと繋がっていくことでしょう。

主婦が正社員として働くデメリット

では反対に、主婦が正社員として働くのにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。具体的に見てみましょう。

扶養から外れてしまう

主婦の人が正社員として働く場合には、夫の扶養から外れて、就職先の健康保険や厚生年金に加入するのが一般的です。税制面や所得税上の優遇措置を受けることができなくなるだけでなく、妻の年収によっては損をしてしまうケースもあります。

子どもの具合が悪くても帰れない場合がある

子育てをしながら仕事をしていると、子どもの体調不良や学校行事などで早退をしたり休んだりする必要が出てきます。パートやアルバイトであればシフトでできる限り調整することが可能ですが、正社員となるとなかなかそうはいかない場合があります。主婦の人が働き始めると、こうした子育てとの両立に悩む人は多いようです。

責任のある仕事を任されるので、精神的な負担が大きい

正社員として仕事をしていくと、パートやアルバイトの頃とは異なり責任のある仕事を任されることも増えてきます。後輩の指導をしながら自分の仕事をこなすこともあるでしょうし、大きなプロジェクトを任されるなんてことも。それをやりがいと感じる人もいますが、精神的に追いつめられてしまう人も少なくはないようです。

正社員として仕事をする際には、メリットとデメリットをしっかりと把握してから就職活動をするようにしましょう。

ページトップへ