あなたのお仕事応援します。派遣エントリー&お仕事サポートサイト

ユニー・ファミリーマートホールディングス

マイサポート

  1. トップページ>
  2. 教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

  • 様々な職種を知ろう!
  • 主婦のお仕事イロハ

インフォメーションスタッフ「受付」の仕事で身につくスキル

商業施設などのインフォメーションデスクで来訪者の案内業務などをこなすインフォメーションスタッフたち。
見た目の優雅さ以上に、実はさまざまなスキルが必要とされる仕事です。
今回はインフォメーションスタッフとして働くとどのようなスキルが身についていくのかをご紹介します。

インフォメーションスタッフで身につくスキル

インフォメーションスタッフの仕事を通じて身につくスキルには以下のものがあります。

インフォメーションスタッフで身につくスキル

お客様との応対マナー

インフォメーションスタッフが第一に身につけなければいけないのが応対マナー、接客マナーと呼ばれるものです。
新しく仕事を始める前にはマナー研修を受けることがほとんどで、仕事中にも先輩などから細かく指導されることでしょう。
立ち居振る舞い、お辞儀の仕方、笑顔の作り方、挨拶の言葉などマスターすべきことは非常にたくさんあります。

敬語、言葉遣い

マナーと合わせて正しい敬語の使い方、言葉遣いをすることも求められます。
インフォメーションスタッフとはその施設の“顔”であり、インフォメーションデスクはお客様にとっての“窓口”です。
挨拶、受け答え、相槌の打ち方まで、望ましく適切な言葉づかいをマスターできます。

滑舌の良さ

毎日、大勢のお客様と接して案内をすることで滑舌よくスムーズに話すコツもつかめてきます。
声の出し方、トーン、大きさを調節して、相手に不快感を与えない説明ができるようにもなるでしょう。これらは習得できればとても役立つスキルになります。
例えば転職の際に面接を受けるときでも、実際に相手にとって心地よい話し方、受け答えができればそれだけで十分なアピールポイントとなります。
プレゼンやデモンストレーションなど、滑舌のよさはさまざまな場面で役立ちます。

ヒアリング能力

もう一つ、重要なスキルとしてお客様の言葉や要望を正確に聞き取る力があります。
これも仕事をこなしていくうちにスキルとして備わってくるでしょう。
聞き取れなかったときに、失礼のないよう、どのように聞き返せばいいのかというやり方もわかってきます。
加えて、外国人を相手にすることの多いインフォメーションデスクでは英語やその他の言語のヒアリング能力も培われることになります。
もともと英語が得意でないとしても、ある程度は聞き取れて、説明できる能力は必要です。

インフォメーションスタッフのキャリアアップ方法

通常、インフォメーションスタッフとして経験を積んでいけば後輩や新人の教育や管理を行う立場になっていきます。
一方、転職などを視野に入れたキャリアアップの道として、大手企業や公共施設の受付、語学力があれば空港の受付などを目指すこともできるでしょう。
中には応対マナーやトークスキルを生かして、秘書的な仕事、企業のプレス担当や広報の仕事、ホテルの仕事、カウンター営業などに進む人もいます。
このように、インフォメーションスタッフはひとまず未経験で始めて、スキルを磨いていく仕事としてもとらえられるのが魅力です。

インフォメーションスタッフのキャリアアップ方法

働きながら積極的に自分の身になることを学んでいく姿勢を持てば、日々、多くの人と接するインフォメーションスタッフの仕事は面白く、将来につながる経験ともなるはずです。
人と話すことが好きで、“おもてなし”の心を持っていたい、誰かの役に立ちたいという人は、ぜひインフォメーションスタッフの仕事を通じてスキルを磨いてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ