あなたのお仕事応援します。派遣エントリー&お仕事サポートサイト

ユニー・ファミリーマートホールディングス

マイサポート

  1. トップページ>
  2. 教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

  • 様々な職種を知ろう!
  • 主婦のお仕事イロハ

スーパーでの仕事の種類とは?

ひと口にスーパーの仕事といっても、実はさまざまな仕事の種類があるのをご存知でしょうか。
配属される部門によっては、出勤時間や任される仕事の内容は大きく異なります。
実際に働き始めてから「こんなはずではなかった!」とならないためにも、まずはそれぞれの違いをしっかりと理解しておくようにしましょう。
そこで今回は、スーパーの求人で多く見られる職種について、詳しく解説していきます。

スーパーの主な仕事の種類

スーパーの仕事の種類は主に「顧客対応系」と「食品系」の2種類に分けられます。さらにそこから細かく部門が分かれていますので、それぞれ具体的に見ていきましょう。

スーパーの主な仕事の種類

顧客対応系

【レジ係】
レジスターを使って会計業務を行う、精算部門の仕事。バーコードなどを利用した商品代金の読み取り、金銭授受、レシートやポイントカードの発行などを行います。そして、ほとんどのスーパーがクレジットカードでの精算が可能なので、その対応も行うことになります。

【サービスカウンター】
店内の案内や、商品の包装、宅急便の受付などが主な仕事です。その他には、返品対応、クレーム対応、店にかかって来た電話対応、店内放送などを任されます。

【配達】
お店によっては、店内の食料品や日用品を直接お客さまのところへお届けするネットスーパーのサービスを行っているところもあります。当日宅配をウリにしているところも多く、その配達はスーパーに関する仕事の中でも近年増えている業務のひとつです。

食品系

【水産部門】
鮮魚の仕入れ、お刺身や煮物、焼き魚、お寿司などへの加工、値付け、商品陳列、商品補充、売り場計画の立案、接客、清掃など実に多くの業務を行う部門です。商品の準備を行わなくてはいけないため、開店よりも早い時間に出勤する必要があります。商品加工の技術や受発注についての知識が得られるのも魅力です。

【精肉部門】
精肉商品の仕入れ、切り身、ひき肉などへの加工、値付け、商品陳列、売り場計画の立案、接客、清掃などを行います。水産部門と同様に、開店までに商品の準備を行う必要があるため、出勤時間は早く設定されています。

【青果部門】
野菜や果物といった青果を扱う部門です。商品の仕入れはもちろん、袋詰めや野菜のカット、商品陳列、補充、試食販売、接客、清掃などを行います。青果部門はスーパーの入り口を入ってすぐのところに売り場が設けられていることが多く、お店の顔として売り場作りに工夫が必要です。

【日配部門】
豆腐や卵、漬け物などのように比較的賞味期限が短いものを扱う部門です。商品の仕入れ、陳列、補充、試食販売などを行います。賞味期限が短いものが多いため商品の回転率が早いのも特徴です。天候や曜日ごとの売れ行きを参考にしながら、商品を発注し、欠品を防ぐなど、細やかな気配りが必要とされます。

【グロッサリー】
一般加工食品やお菓子などの食品と、日用雑貨などを担当する部門です。商品の仕入れ、陳列、補充と言った業務だけでなく、イチオシの商品を目立つようにレイアウトすることで、購買意欲を刺激するなど、売り場作りへの心配りと工夫が必要とされます。さまざまな商品に対する知識や、レイアウトのスキルが磨けるのも魅力です。

【惣菜部門】
お惣菜の販売を担当する部門です。さまざまな部門の中でも、そのスーパーの特色を出しやすい部門ですので、総菜の美味しさはもちろん、どのような商品を売るのか、どのような売り場にするのかについても、工夫が必要とされます。売り場の知識だけでなく調理技術を身に付けることも可能です。

スーパーの仕事に必要なスキル

スーパーの仕事で最も大切なスキルは、コミュニケーション能力です。職場や部門内での仕事を円滑に進めることはもちろん、来店するお客さまが快適に買い物をするためにも、明るさや爽やかさは欠かせません。また、働く部門によっても必要なスキルはそれぞれ異なりますので、あらかじめどのような知識を身に付けておくべきかを調べておくと良いでしょう。

スーパーの仕事にはレジ以外にもたくさんの種類があります。上記を参考にして、自分に合った部門を探してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ