あなたのお仕事応援します。派遣エントリー&お仕事サポートサイト

ユニー・ファミリーマートホールディングス

マイサポート

  1. トップページ>
  2. 教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

  • 様々な職種を知ろう!
  • 主婦のお仕事イロハ

レジ打ちってどんな仕事内容なの?

アルバイトやパートの求人でよく見られる「レジ担当」という仕事。
メインの仕事はレジ打ちですが、実はそれ以外にも任される仕事はさまざまです。
会計に立ってひたすらレジを打つことをイメージしていたら、思った以上に体を動かすことが多くてびっくり! なんて人も少なくありません。
そこで今回は、レジ担当の仕事内容について、詳しく解説していきます。

レジ担当の主な仕事内容

レジ担当の仕事は主に以下の3つです。それぞれの仕事内容を詳しく見ていきましょう。

レジ担当の主な仕事内容

商品のレジ打ち、点検

レジ担当のメインの仕事がこれ。バーコードやタッチパネルを利用して、お客さまがレジに持って来た商品の代金を読み取り、お金をもらい、お釣りを返します。
最近のレジはクレジットカードやデビットカード、電子マネー、プリペイドカードなどに対応しているものも多く、さまざまな方法で会計をしなくてはいけません。
店によっては、渡したお金に間違いはなかったか、出入りしたお金の合計金額が合っているかといった点検、金庫への入金作業をレジ担当に全て任されることもあります。

店内清掃、カゴやカートの片づけ

レジ打ちの合間には、お客さんが利用し終わった買い物かごやカートなどを回収して、所定の場所に戻し、レジ周りや、お客さんが商品の袋詰めをする「サッカー台」周辺の清掃などを行います。

商品の品だし、陳列

お昼前や夕方など店内が買い物客で混雑する時間帯は、基本的にレジ打ち業務に専念しますが、客足が途絶えた暇な時間帯(アイドルタイム)には、店の倉庫から商品を持って来て売り場に並べる品出しを行ったり、商品を整頓する陳列を任されたりすることもあります。
お店が混雑した後は特に、商品が欠品したり、棚に並んだ商品の向きがぐちゃぐちゃになっていたりしますので、ひとつひとつ確認をして、お客さんが見やすく、手にとりやすい売り場に戻すことが大切です。

レジ打ちの仕事の求められるスキル

レジ打ちの仕事をする上で大切なことは、「スピード感」と「正確さ」、そして「コミュニケーション」です。
特にお客さんが混雑する昼間や夕方の時間帯は、レジにたくさんのお客さんが集中してしまいます。そうしたときに、レジがもたもたしていたり、お釣りの渡し間違いなどが発生したりすると、お客さんに迷惑をかけてしまうことに。
慣れるまでには少し時間が必要でしょうが、即戦力として仕事をするためには、できるだけ素早く、かつ正確にレジ打ちを行うことが不可欠なのです。
さらには、お客様と接する仕事でもあるので、常に笑顔を忘れずに対応する必要がありますし、思わぬトラブルが発生した場合でも、慌てず動じず、丁寧な接客ができる能力や、仕事の優先順位を見極め、要領よく仕事をこなすスキルも求められます。

「レジ担当」として求人募集されている仕事でも、レジには直接関係ない仕事を含んでいるケースも珍しくありません。求人に応募するときには、仕事の内容をあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

ページトップへ