あなたのお仕事応援します。派遣エントリー&お仕事サポートサイト

ユニー・ファミリーマートホールディングス

マイサポート

  1. トップページ>
  2. 教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

教えて!マイサポート 主婦のお仕事アレコレ

  • 様々な職種を知ろう!
  • 主婦のお仕事イロハ

キャンペーンスタッフってどんな仕事内容なの?

キャンペーンスタッフが街角などで働いているシーンを見かけたことがある人は多いでしょう。
笑顔で商品をアピールする姿を見て、自分もやってみたいと思ったことのある人、どんな仕事なのか興味を持った人のために、今回はキャンペーンスタッフの仕事について紹介します。

キャンペーンスタッフの仕事内容って?

新しい商品や新しいお店のオープンに合わせてサンプル品や販売促進グッズ、チラシなどを配りながらその商品やお店をアピールする仕事です。
サンプルを配るだけのこともありますが、実際にその場で試してもらって感想を聞いたり、商品説明をしたりすることもあります。

場合によっては、その場で商品販売につなげるといった、販売員に近い仕事となることもあります。
メーカーやお店が直接、キャンペーンスタッフを雇うわけではなく、多くはセールスプロモーション会社やイベント・キャンペーンの企画会社、人材派遣会社に登録してそこから派遣される形になります。

キャンペーンスタッフの仕事内容って?

キャンペーンスタッフはどこで働くの?

キャンペーンスタッフが実際に働く場所は駅前などの街頭、ショッピングモールやショッピングビル内、店頭などです。
ほかにはイベント会場、大型の居酒屋などの店内、高速道路のサービスエリアなどに行くこともあります。
勤務時間は10~15時、17~22時などのように固定されている場合や、あるいはサンプルを配り終えたら終わりということもあるでしょう。
土日祝日に働く機会が多いのも特徴です。

そのため、ほかのアルバイトなどと掛け持ちをしている人も多いようです。なお、キャンペーンの規模によっては当日だけでなく、事前に説明ミーティングや打ち合わせが行われることもあります。

キャンペーンスタッフはどこで働くの?

キャンペーンスタッフにはどんな人が向いている?

まず、高校生は不可ということがほとんどです。これはお酒やタバコといった商品を扱うことがあるのと、キャンペーン内容によっては少し派手なコスチュームを着て商品アピールをするといった仕事の性格上によるものでしょう。
多少、露出のあるコスチュームを着用することもあるので、露出することに抵抗がないという人が向いています。
また、道行く人に積極的に話しかけられる、笑顔を絶やさずにいられることも求められます。
ある程度、長時間の立ち仕事になるので体力もそれなりに使います。
街頭のときは日光対策、暑さや寒さ対策も考えた方がいいかもしれません。

なお、「キャンペーンガール」や「キャンギャル」といった言葉のイメージもあって、キャンペーンスタッフは女性のみの仕事と思われがちですが、男性が活躍する現場も存在します。
パソコンやタブレットなどデジタル機器の商品説明を伴うキャンペーン、あるいはキャンペーンガールのサポートや段取りを行うスタッフとして、男性が募集されることもあります。
サポートや段取りを行う仕事は、裏方やマネージャーのような仕事に興味がある人に適性があるでしょう。

キャンペーンスタッフにはどんな人が向いている?

キャンペーンスタッフはどんなスキルが身につく?

キャンペーンスタッフとして経験を積んでいけば、接客やサービス業に必要なお客様応対スキルが上がっていくでしょう。
また、スマートな商品説明や臨機応変なコミュニケーションができるようになって、キャンペーンスタッフに近い仕事であるイベントコンパニオンのような仕事に興味を持つ人もいるでしょう。

さらには、キャンペーンスタッフをやりながら、グラビアモデルやタレントをめざす人も中にはいます。
キャンペーンスタッフからモデルになるコースが正式に用意されているわけではありませんが、衣装を身につけて人前に出るという意味では、今後の仕事に役立つ経験になるかもしれません。

キャンペーンスタッフには華やかなイメージがありますが、一方で企業や商品のイメージを損なってはならないという責任も負っている仕事です。
自身の魅力で商品をPRするという仕事内容にやりがいを感じる人はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ